便利な水の購入方法

実は節電対策になるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは実はコストがかかると思っている人が多いかもしれませんが、そうではないのです!
結論から言って、2013年現在の最新機種では一ヶ月の電気代が500円〜程度の物も存在しています!

そして基本的なウォーターサーバーで1000円前後です。
これだけのコストを30日で割ったらどうなるでしょうか?
1日のコストが30円以下ということになります。

そして水の美味しさや、手軽さは変わりません。
美味しい水が手軽に飲めて、簡単な手続きだけで導入することができるウォーターサーバーを見直すきっかけになるのではないでしょうか?

実際一昔前は確かに高くて、コストが安いといってもある程度の費用はかかっていました。
それでも導入する人がいたのはやはり便利だからです。

ですが2013年現在ではその両方を改良された商品が多数出ています。
また企業によっては、水の値段もリーズナブルで設置料や、レンタル費用が無料な所も存在しています。
水の種類も豊富ですので、選ぶ際は楽しいかもしれません!

ですが、どうしてウォーターサーバーが節電対策になるのか?
良く考えてみましょう!

電気ポットという商品がありますが、あれも大変素晴らしいものです!
ですが実は電気代は1500円程度はかかります。
特に保温や頻繁に使用される方は2000円を超えるといわれています。
ですがウォーターサーバーは冷水、温水と両方直ぐに使えるのにも関わらずコストは1000円行かない程度です。

これを考えれば導入のメリットがあると思いませんか?
初期費用もかからない所が非常に多いですので、手軽さがとても向上しているのです。
導入にコストがかかっている人は一度考えを改めてほしいです。
今の時代は省エネタイプのウォーターサーバーが非常に多いですので、節電対策に気をつけている人や等でも使い易く改良されています。

また水は自宅まで届けてくれるので面倒な手間は一切ありません。
そしてメンテナンスも非常に楽に出来ます。
電気ポットを使ったり、ガスを使ってお湯を沸かしたりするよりも非常に安く、そして素早くお湯を使うことが出来たり、冷水が飲めるのです!

これを機会に便利なウォーターサーバーの導入を考えてみてください!

Copyright(C) 2013 清潔でおいしい水を All Rights Reserved.